カンボジア・タサエン村への訪問者

HOME > 訪問者コーナー2017年2月/3月

17.03.02 大西覚くん

2017.3.12~22 愛媛県砥部町の高校を卒業した大西覚くんがタサエンを訪問しました。高山理事長は帰国中のため不在でしたが、現地通訳のソックミエンが地雷原の案内などを行い、有意義な旅行になったようです。


17.02.13

2017.2.13~15 名古屋市の金城学院大学の皆さんがタサエンを訪問しました。地雷原の見学、地雷・不発弾の爆破処理、地雷被災者へのインタビュー、日本語学校で教師体験、子供達との交流、復興する村の見学、美味しいマンゴー、ミルクフルーツ、ジャックフルーツなど、焼酎工場の見学、ハンモックで就寝、美味しいご飯、水シャワーなど宿舎での生活体験・・・・それから、今回は村の結婚パーティーにも参加され、様々な体験をされました。そして、現実を直視することや、物事の本質を見極めることの大切さを体感されました。引率の先生、ガイドさん、学生さんすべて素晴らしい訪問者でした。有難うございました。

17.02.07 宮嶋様 

2017.2.7~13 カンボジアのタイとの国境地帯の子供たちに、バレーボールを普及させようと宮嶋泰子さんが企画され、オリンピック等で活躍されたバレーボールのトップアスリートの大谷佐知子さん、坂本清美さん、田中姿子さん、元カンボジアナショナルチーム監督の渡邊孝さんらが、タサエン地区を訪問されました。村の子供たちとの触れ合いの中で、バレーボールの楽しさを教えてくださいました。トップアスリートの皆さんの情熱と優しさは、子供たちの心を捉えました。この企画をして下さった宮嶋様、取材して下さったテレビ朝日の関係者の皆様に心から感謝申し上げます。有難うございました。